NBFについて

投資方針

  • ポートフォリオ構築方針
  • 投資基準
  • 運営・売却方針
  • ■物件選定の際には立地条件及び個別物件の基本性能を重視して選定します
  • ■耐震性能や環境・地質等も考慮のうえ判断します
  • ■未竣工・未稼働資産への投資は資産総額の10%を超えない範囲に限ります

物件選定基準

個々の不動産等に投資する際には、当該不動産等の取得価格と収益予想から想定される投資利回り、立地エリアの将来性及び安定性、不動産の劣化又は陳腐化リスクに対する対応状況、並びに保険付保状況等を総合的に判断して選別します。選別に際しては、建物規模、建築及び設備スペック、耐震性能、権利関係への対応、入居テナント属性、建物管理関係及び環境・地質等を考慮の上総合的に判断します。なお、以下の表に記載する項目は考慮にあたっての検討事項であり、本投資法人が取得した又は取得する不動産等が結果的に以下の項目の全てを満たさないこともあります。

項目 内容
建物規模

専有面積(当該物件における専有面積)及び基準階専有面積(1フロアでの専有面積)

  • 総専有面積の目安は約1,650m2(約500坪)以上
  • 基準階専有面積の目安は約330m2(約100坪)以上
建築及び設備スペック 賃貸に適した貸付床の形状・分割対応、十分な階高・意匠・電気容量・空調方式等
耐震性能 新耐震基準(1981年に改正された建築基準法に基づく基準を指します。)又はそれと同水準以上の性能の確保(構造評定・構造評価 ((財)日本建築センターが建築基準法に基づいて行う建物構造の評定・評価)を取得していること等)
権利関係への対応

共有、区分所有、借地物件等、本投資法人が完全な所有権を有しない物件についての、以下の点が適切であること

  • 敷金保全措置、修繕費負担能力に対する補完措置
  • 共有持分分割請求及び共有者持分売却等に関する適切な措置等
入居テナント属性 適性なテナントの信用力、テナントの使用目的及び形態並びに賃料収納状況等
環境・地質等 アスベスト等の有害物質の使用状況がないこと、もしくはその対応策のあること。土壌汚染状況が環境基準等に適合していること等

未竣工・未稼働資産への投資

本投資法人は、原則として、引渡時点において稼働資産である不動産等を取得します。引渡時点において未稼働資産である不動産等については、投資額、稼働予定時期、収益予想等を総合的に判断し、本投資法人の運用資産の運用に与える影響を考慮の上、本投資法人はこれを取得することができます。但し、当該未稼働資産の引渡直後において引渡済の未稼働資産(稼働資産となった未稼働資産を除く。)の契約上の取得価格の合計が、直近の決算日における本投資法人の貸借対照表上の資産総額の10%を超えない範囲に限ります。

なお、稼働資産とは、建物が竣工しており賃貸中または賃貸可能である不動産等をいい、本投資法人が保有する不動産等のうちある時点において稼働資産となった不動産等は引き続き稼働資産とみなします(建物の建替え又は大規模修繕等が行われる場合を含む)。

個人投資主の皆様へ

分配金情報
実績第35期(2018年12月期) 10,283
予想第36期(2019年6月期) 10,440
第37期(2019年12月期)
(参考)
10,630
物件データ
保有物件 71物件
取得価格(累計) 11,294億円
2019年6月14日時点
稼働率 99.5%
2019年5月31日時点
決算情報
第35期(2018年12月期)決算

決算説明会動画

資料一括ダウンロード