経営方針

当社は、日本ビルファンド投資法人の資産運用にあたり、様々なステークホルダーとの適切な協働に努めながら、適正な運用を実施し、投資主の中長期的な投資リターンの拡大を図ります。

財務情報及び非財務情報の適切かつ積極的な開示に取り組み、透明性ある運用を行います。

高い企業倫理観に基づき、コンプライアンス態勢の改善に努め、誠実かつ公正な企業活動を遂行します。

顧客志向のアセットマネジメントにより、快適なオフィス環境を提供し、テナントの満足と信頼を高めます。

高品質のファンドマネジメントにより、中長期的な投資主価値の向上、すなわち、1口当たり分配金の中長期的な安定成長及び1口当たりNAV(ネットアセットバリュー)の増大に努めます。