• ホーム
  • ESGへの取り組み/NBFのESGの考え方

ESGへの取り組み

ESGレポート

  • NBFのESGの考え方
  • 環境(Environment) の取り組み
  • 社会(Social) の取り組み
  • ガバナンス(Governance)の取り組み

執行役員メッセージ

近年、気候変動問題を始めとする環境課題や、働き方改革・コミュニティの活性化など社会が抱える課題に対する企業の取り組み姿勢は、投資家からも中長期的なリスク要因として重要視されると同時に、それらの課題への対応が、新たな価値創出、ビジネスチャンスの機会としても捉えられるようになっています。

NBFの主たる事業である不動産投資運用業においても、運用業務の全般で環境・社会・ガバナンス(ESG)への配慮を進めることの重要性が広く認識されつつあります。これは、各国における環境規制の強化や、環境性能・快適性などに優れた不動産を選好するテナントの意識変化などを踏まえ、ESGへの配慮は中長期的な資産価値の維持・向上のために不可欠であるという考え方に基づいており、NBFもその考え方に賛同いたします。

このような環境のもと、NBFの資産運用会社であるNBFMでは、業務全般におけるESGへの配慮とそのためのステークホルダーの皆様との協働、またそれらの取り組みの積極的かつ適切な開示がますます重要になっていくと考え、2017年11月に基本指針である「ESGに関する取り組み指針」を定めました。この方針に基づき、ポートフォリオの運用における環境負荷の軽減、地域社会や従業員といったステークホルダーの皆様への配慮などのESGへの取り組みを進めております。

本ESGレポートは、投資家を始めとするステークホルダーの皆様へ、NBFならびにNBFMのESGへの取り組みについて広く開示し、ご理解いただくことを目的としたものです。

NBFでは、今後とも不動産投資運用におけるESGへの取り組みの一層の充実とその実績の適切な開示により、ステークホルダーの皆様との信頼関係を構築し企業市民としての責任を果たすと共に、中長期的な資産価値の向上という使命を果たすことに努めて参ります。

執行役員 西山 晃一

ESGへの取り組み方針

NBFMでは、基本的なESGへの取り組み指針を定めています。また、メインスポンサーである三井不動産株式会社の定める指針・方針も取り入れた上で、ESGの取り組みを進めています。

ESGに関する取り組み指針

NBFMでは、2017年11月に基本指針である「ESGに関する取り組み指針」を定めました。日々の資産運用業務の中で環境配慮の取り組みや、投資家・テナント・従業員・取引先・地域社会といったステークホルダーに向けた取り組みを実践していくことを定めています。

基本姿勢

ESGへの配慮が不動産投資運用業務における重要な課題であるとの認識に基づき、三井不動産グループが定める「グループ環境方針」及び「社会貢献活動方針」のもと、環境負荷の低減、安全・安心、快適性の向上及び様々な主体との多様な連携・協力に配慮した資産運用業務を行うよう努めます。

三井不動産グループの環境・社会への取り組み

NBFのメインスポンサーである三井不動産株式会社では、「都市に豊かさと潤いを」をステートメントとして、三井不動産グループの社会貢献・環境活動について、グループ環境方針及び社会貢献活動方針を定めています。

なお、三井不動産グループの社会・環境・ガバナンスへの取り組みについては、「ESG REPORT 2020」をご参照下さい。

ESG推進のための社内体制

ESG推進会議とESG推進部会

NBFMの定める「ESGに関する取り組み指針」に基づいた気候変動関連を含めた環境配慮・社会配慮への取り組みの監督・ 推進を行うため、最終的な決定権限者であるNBFMの代表取締役社長を含めた「ESG推進会議」(以下、「推進会議」といいます。)と推進会議の下部組織である「ESG推進部会」(以下、「推進部会」といいます。)が組織されています。推進部会による定例会議は、3ヶ月に1度以上の頻度で開催され、 ESGに係るリスク及び機会を把握し、CO₂削減などの数値目標やその実現のための具体的な実施事項を6ケ月に1度以上の頻度で開催される推進会議に諮り、推進会議において最終決定権限者が具体的な目標、実施事項等を決定します。推進部会は、決定された目標、実施事項等に関する進捗報告や達成状況を年に1度以上推進会議に報告します。

また、決定された目標や実施事項は、全役職員に対し説明会の開催、共有フォルダー又はメール等への掲載により、その内容が共有されます。

※「ESG推進会議」への名称変更と組織体制の強化

 従前より「環境配慮等推進会議」と「環境配慮等推進事務局」を中心にESG課題を検討してきました。一方でESG課題に対して「環境課題」以外の「テナントの利便性向上」、「従業員への福利厚生」、「ガバナンス体制」など幅広い観点での検討が必要であることから、その名称を変更するとともに各ESG課題に対して代表取締役社長を先頭にPDCAサイクルが実施できる組織体制を構築しました。

コーポレート・ガバナンス/コンプライアンス体制

資産運用業務を受託するNBFMにおいては、コンプライアンス委員会、リスク管理会議、運用審査会議、経営会議等のガバナンス・ストラクチャーを構築し、業務におけるリスク管理・コンプライアンスを徹底、コーポレート・ガバナンスの継続的な改善、向上に努めています。

外部からのESG評価

GRESBリアルエステイト評価への参加

「GRESB」とは不動産セクターの環境・社会・ガバナンス(EGS)配慮を測る年次のベンチマーク調査で欧州の主要年金基金のグループを中心に2009年に創設されました。

また、GRESBリアルエステイト評価は、個々の不動産を対象としたものではなく、不動産会社やREITごとのサステナビリティへの取り組みを評価することが特徴です。2020年評価において、サステナビリティに係る「マネジメント・コンポーネント」及び「パフォーマンス・コンポーネント」の両面でNBFの取り組みが評価され、6年連続で「Green Star」の評価を取得するとともに、総合スコアの順位に基づいて評価されるGRESBレーティングにおいて、最上位の「5Star」の評価を取得しました。また、GRESB開示評価においても、環境配慮やサステナビリティの取り組みに関する情報開示が優れていることが高く評価され、最上位の「A」の評価を取得しました。

NBFでは、GRESBの評価を通じて投資家の皆様に向けてESGの取り組み情報を開示していくとともに、評価結果を自社の取り組み向上の機会として活用しています。

個人投資主の皆様へ

分配金情報
実績第39期(2020年12月期) 11,000
予想第40期(2021年6月期) 11,350
第41期(2021年12月期) 11,050
物件データ
保有物件 75物件
取得価格(累計・契約ベース) 13,675億円
2021年3月25日時点
稼働率 97.2%
2021年6月30日時点
決算情報
第39期(2020年12月期)決算

決算説明会動画

資料一括ダウンロード